なぜ走る? 文化系レベルランニング

東京マラソン2010にたまたま当選してしまった「読書が趣味」の文化系人間。40代半ばを過ぎた今も、なぜ走り続けているのか? 走ることの意味を問い続ける平凡なランナーが、身体や心理のことからグッズ、レース、書籍のことまで幅広い視点から展開する、一味違うランニングブログです。

カテゴリ: トレーニング

先日『一投に賭ける』という本を紹介しました。
<全力でオススメする一冊>スーパーアスリートを感じよう ~ 『一投に賭ける』上原善広著

この本では、溝口和洋という規格外のやり投げ選手の世界を描いていますが、トレーニングや技術、身体についての考えには、常人には理解できないことがたくさんあります。

唯一無二の才能をもったスーパーアスリートの考えることが、「普通のひと」にわからないのは当たり前。彼の言葉のすべてを理解する必要はありません。

しかし、私はこの本の中に、記憶に残り忘れられない言葉があり、ときどき思い出してはその意味を考えます。今回は、その記憶に残る言葉について書いてみたいと思います。


「末端と末端がつながっていないから故障する」

それは溝口選手が選手の故障について語る「末端と末端がつながっていないから故障する」という言葉です。

もう少し詳しく見てみます。

この言葉は「デッドリフト」というウエイトトレーニングについての説明の中の一節で、次のようにつづきます。

手先とつま先がつながっていれば、腰は痛めない。一般的なフォームでも、痛めるときは大抵、この末端と末端がつながっていないときだ。

では、末端と末端つながるとはどういう意味かというと、

手首もグッと曲げて握る。デッドリフトは手首のトレーニングにもなる。さらに足の指はギュッと噛む感じでしめる。これで末端と末端つながる
簡単に言うと、耳や大胸筋を動かせる人がいるが、それは耳や大胸筋に神経回路ができているから可能なのだ。早い話がこれを全身の隅々にまで行きわたらせ、やり投げに応用していけば良い。

手先とつま先には常に力をいれて末端と末端の神経回路をつなげておく、そうすればケガをしないと溝口選手は言っているのです。


溝口選手の言葉が記憶に残った理由

 私はマラソンを始めてからというもの、膝や足首のケガ、腰痛などさまざまなスポーツ障害に悩まされてきました。 マラソンで自己ベストを出そうと一生懸命に練習しても、ケガをして1ヵ月を棒にふり、練習の成果は帳消しになってしまうことも。

ケガや病気で何度も練習を無駄にしたことがある私は、ケガについては人より敏感なのかもしれません。

また、私は本やネットで身体について研究することが好きで、「故障しないための工夫」に興味がありました。
つまり、この言葉から、身体のしくみについての何らかのヒントを得たかったのです。

たとえば、「末端と末端がつながる」ということは、その間にある身体パーツにも影響がありそうです。

もし手先と足先の神経がつながるのなら、その間にある体幹と手足の連動もスムーズになるかもしれません。手足の先に力を込めるだけで身体が連動するなら素晴らしいことです。


言葉どおりにをそのまま試してみると・・・

私は実際、この言葉を応用して手先と足先の神経回路をつなげるべく、手を強く握り、足の指に力を込めて走ってみました。
素直にこの言葉どおりにやってみました。

しかし、とくに変わった効果はありませんでした・・・

手先と足先に力が入っているという感覚はありますが、末端と末端がつながる感覚はなかったのです。走りについての影響は、特に見られません。手を強く握り、足の指に力を込めているだけ・・・

むしろ走りには逆効果
で、末端への意識が強くなりすぎて集中力が続かず疲れてしまうのでした。

その後も何度か試してみましたが、何かを身につけることはできませんでした。
私は文化系人間で、本来は運動神経がよい方ではありませんので、トップアスリートの感覚を体感することは難しいのかもしれません。


意味がわかっても理解できない言葉

このように、世の中には、言葉の意味はわかっても根本的に理解するのが難しいことがよくあります。
この言葉は私にとって「意味がわかっても理解できない言葉」だったのです。

この言葉は、意味が通じても中身がないものなのでしょうか?
溝口選手は日本人でありながら、欧米の巨漢の選手と互角に戦い、自分流で研究しながら持ち前の探求心と根性でハードトレーニングを続けて成果を挙げたひとです。

実際には何かあるのに、平凡な人間にはわからないというだけ
のことではないのか?

もしあまりにうさん臭かったら、心には残らないはずです。
この本を読んでから1年は過ぎていますが、まだひっかかっているということは、この言葉に何らかの真実がかくれていると思っています。

少なくとも溝口選手が何かを誤解して、このような言葉を残したとは思えません。おそらく、究極の身体に備わった感覚が、その真実をつかんだのでしょう。


つづく


●『一投に賭ける  溝口和洋、最後の無頼派アスリート』  上原善広著
 Amazon
 楽天






一投に賭ける


かなり影響されました


皆さんはブルース・リーをご存じでしょうか?
そう、あのカンフー映画の世界的スターのことです。
私が小・中学生の頃は、テレビでよく彼の映画を見たもので、見た後はブルース・リーが必ず私に乗り移ります。
「アチャ、アチャー、アチャーーー」(そして眉間にしわを寄せる)

ジャッキー・チェンの映画も同様で気合が入ります。その後一週間ぐらいは修行モードが続き、腕立て伏せ、腹筋運動、パンチ、キックなどの練習を適当にやり、棒っ切れでヌンチャクもつくって頭に「たんこぶ」という名誉の傷もおいました。

こんな風に腕っぷしの強いヒーローを見て修行してしまうことを、私は勝手に「ブルース・リー効果」と呼んでいます。(学問的には正式な名称があるかもしれませんが、その点は深堀りしません)

ところで、溝口和洋というやり投げ選手をご存じでしょうか?
この本を読むまで私は知りませんでしたが、1980~90年代に活躍しオリンピックにも出場した選手です。この本のおかげで私は一気に彼のファンになりました。そして、無性に体を鍛えたくなりました。そうです。私の身に30年ぶりにブルース・リー効果が起きたのです!

私は40代後半ですので、影響されてやり投げをしたわけではありません。しかし、ブルース・リー効果で、夏の間練習をさぼり、"なげやり"だった私を、肉体の限界まで走り続けたいような気持にさせたくれたのです。


この本について


この本は「『本の雑誌』2016年度ノンフィクションベスト10」の第一位にも選ばれ、読みごたえ十分です。
著者の上原善広氏は、溝口選手に18年にもおよぶ取材を積み重ね、その文章の奥行きが溝口和洋という人物を浮かびあがらせます。
文体は、溝口選手が自分で自分のことを語る一人称スタイルで、まるで本当に本人が喋っているかのようなリアルさ。
読んでいると一匹オオカミの溝口選手の男臭さが伝わってきます。

著者の上原氏はこう語ります。
もともとは、彼のトレーニングと投擲技術の話だけで一冊の本にするつもりだった。「全身やり投げ」だった選手だからこそ、彼のトレーニングと技術論だけで、実験的なルポルタージュが書けると構想していたからだ。
その後、さらに試行錯誤をへて、私は彼を一人称というスタイルで書くことにした。これが溝口を余すことなく描き出す方法だと思ったのである。

溝口選手の個性と存在感は突出しています。
上原氏の文章力が、その個性を「余すことなく描き出す」ことに成功していて、ページをめくるごとに溝口選手の世界にグイグイと引き込まれます
その結果、私のような40代後半の男にブルース・リー効果が現れたのです。


溝口和洋選手について


溝口氏はやり投げの選手として80年代に国際舞台で活躍。体の小さい日本人(と言っても、溝口氏は180cmある)は力を使う投てき種目では不利と言われていましたが、溝口氏は外国人に勝つために独自の研究を積み重ねます。
そして、猛練習を続けることで体の大きな外国人たちと互角以上の戦いをし、1989年のワールドグランプリシリーズで世界総合2位に輝きます。

ランニングとやり投げは全然違います。持久力と瞬発力の違いです。それでも、この本を紹介したいのは、この本から得られるブルース・リー効果を、ぜひ味わってほしいからです。

溝口氏は練習に関してとにかくストイック。私などはマラソンの練習については、少しでも楽に練習して自己ベストを更新したいと考えています。練習も嫌いではないけど、正直なところ時どききつい(笑)。

トレーニング内容や競技に賭ける意気込みは完全に超人です。この本を読むランナーやそれ以外のひとに、この超人の個性から少しでも刺激を受けて、今後の練習や人生に役立ててほしいと思っています。


印象的だった3つのこと


とにもかくにも、まずこの本を読んで、溝口和洋というひとの独特な雰囲気を味わってほしい。
そんな本ですが、内容についても少し触れてみます。

溝口選手の競技への向き合い方から学んだことが多くありますが、ポイントを3つに絞ると以下のようになります。

1. ハードトレーニング
2. 精神力の強さ
3. 物事を深く考え突き詰める

ひとつずつ見ていきます。

1. ハードトレーニング

おそらく溝口選手のトレーニング内容のすさまじさを心に刻まれることになるでしょう。人間の限界を超えている、というか、もはや神の域です。

トレーニングは常にMAX、つまり限界になるまでやらなければ意味がない

限界とは何か?

この100%とは、全日本レベルの選手の三倍以上の質と量がある。例えば12時間ぶっとおしでトレーニングした後、2、3時間休んでさらに12時間練習することもあった。これだけやってようやく人間は、初めて限界に達する。

「12時間ぶっとおし」というのはもはや想像がつかない世界です。しかも、少し休んで再開するというほぼ24時間のトレーニング・・・

溝口選手のトレーニングはウェイトがメインですが、オフシーズンに母校の学生とともにベンチのみの練習をした時には、ほとんどの学生が倒れたというエピソードもあるほどです。この時に学生たちは何を思ったでしょうか?ぶっ倒れたのは気の毒ですが、超人と一緒に練習できたことは羨ましいです。

2. 精神力の強さ

では、超ハードトーニングをどのように続けたのか?
根性でカバーする」そうです。実は私はあまり根性論がすきではありません。しかし、次の文を読むとさすがに感心してしまいます。
人間というのは、肉体の限界を超えたところに、本当の限界がある。いわゆる「火事場の馬鹿力」というやつで、毎日、その「火事場の馬鹿力」を無理やり出せば良いだけのことだ。「火事場で焼け死ぬ」と思ってやれば、できないことはない。死ぬ気でやれば人間というのは大体何でもやれるものだ。
「火事場の馬鹿力」というのは、火事のときには凡人も人並以上の力を発揮するという意味ですが、毎日が火事のような生活。恐ろしい精神力です。

本人は自分を「執念深い」といいます。勝利に対する貪欲さが彼の精神の一部を形づくり、ハードトレーニングを支えます。その精神と肉体をもって初めて、体のでかい外国人選手と互角以上にわたりあえたのです。
体力がない日本人でも並外れた精神力で取り組めば、奇跡をおこせるということですね。
でも、溝口選手だからできたのだろうと思わずにはいられない。私もまだまだ修行が足りません。

ところで、自分に甘い私は、ひとりでマラソン練習するとサボりがちになります。なので、仲間たちとときどき一緒に走ることで、モチベーションを維持したりしています。
溝口選手の練習は基本的には一人で行い、コーチをつけていません。それでも超ハードトーニングを続けられる。ここに彼の精神の強さがうかがえます。

3. 物事を深く考え突き詰める

スポーツでは、強い精神があれば、どんなひとでもそこそこの成長と記録の向上を期待できます。しかし、優秀な才能がぶつかり合うトップレベルの戦いとなると、恵まれた身体と強い精神だけでは足りないもののようです。

溝口氏はワールドグランプリシリーズで年間総合2位に輝くことができました。身体の小さな日本人としては異例のことです。この偉業を達成するには精神力の強さとハードトーニングはもちろんですが、その他にもうひとつの才能が必要でした。それは、自分で問題点を見つけ合理的に改善していく能力です。

技術面の新発見に、コツというものがあるとしたら、これまでの常識をすべて疑い、一からヒトの動作を考えることだ。

たとえば、「後ろ向きで走ると遅い」ことは常識ですが、溝口選手は実際に後ろ向きに走ってみて遅いことを確かめました。それほどまでに合理的なのです。

ビジネスの世界でも同じだと思いますが、ただ言われたことをするだけでは一流にはなれません。もっと深く考え、進むべき方向を自ら選択し判断していかなければならないのです。
やるべきことと、やるべきではないことを自分で考えて決め、それを自分の意志で実行していく。進む方向が間違っていたなすぐに軌道修正する。そんな孤独な作業をひとりで続けて結果を残したひとりのアスリートの姿には、大いに学ぶことがありました。

まとめ

ランナーでもアスリートでも、そうでなくてもどんなひとにも読んでもらいたい本です。ぜひお読みください!

●『一投に賭ける  溝口和洋、最後の無頼派アスリート』  上原善広著
 Amazon
 楽天

この前、足底腱膜炎についてご報告しましたが、1週間ほど様子見して無理しないように気をつけました。夜のランニングはキロ6分程度に抑えつつ、終わった後には脚全体のストレッチとゴルフボールを使った足裏マッサージを入念に行いました。
そして、先週末再び外を20kmほど走ったところ、足裏の痛みは消えていました。


気持ちいい走りができた

もう少し詳しく書いてみます。
故障明けで恐る恐る走る経験は、ランニングを2年も続けていれば、誰にもあることでしょう。
今回もそんな感じで走り始めました。
ちなみにシューズはライトレーサーRS5(ノーマル版)。軽くてクッション性はあるものの、サイドの補強がないため横にぐらつきやすいのが特徴です。

朝6時半スタート。外は秋の気配。
まだ日は低く少し薄暗く、上着を脱ぐと肌寒い。川の堤防には、散歩やランニングをする人たちがすでにたくさんいました。朝の運動は気持ちいいですよね。


呼吸と左の内転筋に集中

スタートは本当に恐る恐る。右脚にも左脚にも負担がかからないように、気をつけて走り出しました。
7kmほど走ると、スタート時に少し重いと感じていた身体がほぐれて、軽くなってきました。足裏の痛みもない。
呼吸を一定にして、意識を自分の息に集中
さらに意識を左脚の内転筋に持っていきます。
なぜこの左脚の内転筋かというと、私の場合ここに体重が乗るような意識で走ると身体のブレがなくなって弱い右脚に負担がかかりにくいことを最近発見したからです。
この左の内転筋は私には扱いが難しく、意識していないとすぐに力が抜けて膝が開いてきてしまいます。

ペースはキロ5分半ほど。自分の呼吸と左内転筋への意識の集中を交互にくり返す。これをひたすら続ける。もちろん、途中で集中力が途切れて、ぼーっと「昼ご飯何食べようかな」などと考えたりもしました。修行が足りません(笑)


悟りはないが修行的ランニング

こんな具合で、この日は文字通り「修行」のようなランニングでした。
自分の身体に集中していると、地面から伝わる衝撃がうまく両足の太もも辺りに伝わる感覚が心地よくなります。
「うまく走れている」という感覚
今まで走っていた時よりも身体が楽というか、脚の力がうまく地面に伝わっている感じです。

ペースはキロ5分半ですので身体には苦しさはありません。ゆっくり過ぎず、前に進んでいる意識もあり、テンポがちょうどいい感じ。
自分の呼吸と左内転筋に意識を向けることによって、心地よさが続くようです

秋の朝の空気、目に見える川の水面や木々と草花。走ることで自分の身体感覚が研ぎ澄まされるようです。
とはいえ、集中力がすぐに切れ、この感覚は長続きしません。
「修行が足りん!!」
ランニングで悟りを開く日はしばらくかこないでしょう。


走ることの楽しさと気持ちよさ

この研ぎすまされた感覚は、一種のランナーズハイではないかと思います。実際はどうかわかりませんが、久しぶりに走ることが本当に気持ちいいと感じたことは確かです。

長年走っているといろいろなことがありますが、マラソンのレースに出てて自己ベストを狙うことばかりを考えていると、走った距離やスピードなど「数字」ばかりに気を取られてしまいます

しかし、走ることはそれ自体で楽しく気持ちいい、そんな側面があることを、この日の朝、思い出すことができました。故障して恐ごわ走るのもそれなりに意味があるものです(※悟りを開いたわけではもちろんありませんw)。

レースがないとモチベーションの面からランニングが続けにくいのは事実ですし、自分にとって自己ベストを更新することは新しい自分に出会うことでもあります。しかし、それだけではなく、時々走ることの楽しさと気持ちよさについても思い出して、数字では測れない部分も大切にして走ってみようかなあという気分になった次第であります。


今シーズン初めての屋外走り込みスタート

今年の夏は暑かったですね。暑さに負けて、完全に走り込み不足(「今年もまた」ですが・・・)。
その代わりと言ってはなんですが、夏の間は身体のバランスのケアに努め、ヨガを中心に体幹などを鍛えていました。

外を走り出したのが3週間ほど前。週末に20kmほど走って、シーズン開始の走り込みをスタートしました。
フラットな道をキロ5.5~6分くらいで走り、しんどかったものの何とか完走。身体がなまっていたとはいえ、それなりに走れてひと安心。

夏の間も一応、トレッドミルで1日おきぐらいで5~10kmほどは走っていましたし、ヨガでバランスが良くなったせいか筋肉痛もそれ程でもない。これからの週末に走り込めば何とか自己ベストをねらえるところまでもっていけそうな気分でした。


足の裏に違和感

屋外練習に続くその翌日は、トレッドミルでキロ4分のインターバルトレーニング。今シーズン初レース「しまだ大井川マラソン2018」(10月28日開催)に向けて気合いを入れました。

しかし、それなりに走れて安心したのもつかの間、その次の夜にジムに行き、再び足を鍛えるべくトレッドミルに乗ると何やら足の裏に違和感を感じるではありませんか。
ペースを落としても、足の裏、土踏まずの部分が痛い。明らかに「足底腱膜」から痛みがきます。
それでも歩くだけなら痛むこともなかったので、しばらく歩いてからこの日のトレーニングを終えました。


足底腱膜炎確定!

そして翌朝、家の中を普通に歩くだけで足の裏が痛む。
「ナニコレ?」
もんだりさすったりしましたが、良くなる気配はありません。
どうやら足底腱膜炎になってしまったようです。
今シーズンの本格練習を始めて3日目の朝、シーズンのスタートとともにケガが確定!

いやあ、とても幸先の悪いスタートですね。とりあえず、痛みがなくなるまであまり負荷がかからないように過ごすことにしました。


足底腱膜とは?

ところで、足底腱膜とはなんでしょうか?ウィキペディアにはこのような説明があります。

足の裏には、足底筋膜と呼ばれる、膜のように薄く幅広い腱が、かかとの骨から足指の付け根まで張っている。足の甲の骨は、弓状(アーチ)になって体重を支えているが、アーチを弓の弦のようにピンと張って支えているのが、足底筋膜である
『「足底腱膜炎」ウィキペディア

ネットで検索すると画像も出てきますが、踵(かかと)から白い腱膜というものが足の5本の指のつけ根に向けて途中枝分かれしてつながっています。(枝分かれしているのが意外でした)

この足底腱膜というのが、長時間のランニングなどで酷使されると傷がついて炎症を起こすというのが、足底腱膜炎(筋膜炎ともいう)です。
偏平足のひとなんかもなりやすいそうです。

さらに、私の年齢的には次のような気になる説明もありました。
丈夫な足底筋膜も、歩行やランニング、ジャンプで使いすぎたり四十歳代以降になると、古いゴム管のようにひびが入り、炎症を起こす。それが痛みの原因となる
『「足底腱膜炎」ウィキペディア
「四十歳代以降になると、古いゴム管のようにひびが入り」というこの部分は心に響きました。
古いゴム管・・・(笑)


今回のケガの原因について

まあ私も40代の後半です。古いゴム管状態の足底腱膜ではちょっと走って炎症を起こすのも無理はありません。
しかし、それだけが理由ではないでしょう。思い当たるの原因が2つあります。

ひとつは、ストレッチ不足。最近は忙しく、時間が惜しいので、走った後のストレッチを省略していました。するとしないとではかなり違うことを私自身実感しているので、やはりずるしてはいけないと反省しました。

ふたつ目は、足の動きとバランスです。この夏は身体のバランスを整えるためのトレーニングに励みましたが、その新しいバランスに身体が馴染んでいないようです。ヨガを始めてから、身体の左右のアンバランスに気づきましが、もともと弱い右足を左足でカバーしていたものを、無理やり左右同じにしたために、弱い右足に負担がかかったようです。

左右のバランスはできる限り直したいところですが、やり方が良くなかった様子。今後は、少しずつ時間をかけて直していく予定です。

今シーズンの目標もまた「自己ベスト更新」でしたが、どうも怪しい雰囲気になってきました。
来週末の「しまだ大井川マラソン」はいきなりのフルマラソン。とりあえず現在は、痛みも無くなりましたが、不安はあります。ケガを悪化させないようゆっくり走る予定ですが、リタイアの可能性も・・・
幸先悪いスタートですねぇ・・・

ケガから復帰して初めて参加した「ジュビロ磐田マラソン2017」(11月12日開催、前回記事参照)は、完走が目標でした。
しかし、どう考えてもシーズン初めに思っていたような結果ではありませんでした。
正直言って、この時期にこのタイムはまずいです。
この重い結果を受けて、レース一週間後となる先週の土曜日に、久しぶりの30km走を行ってみました。


レースで見つかった課題

ジュビロマラソンを走り終えて、みつかった課題は「スタミナ不足」と「登り坂」でした。
スタミナ不足については、ケガによる走り込み不足のため想定内。より大きな問題は、得意だったはずの登り坂で全然登れなかったことでした。

私はどちらかと言えば坂を登るのは得意な方で、レースでは同じくらいのペースで走っているランナーを登り坂で抜くことがよくあります。その後に下り坂があると抜き返されたりしますが・・・
得意なはずの登りがきつくて、抜くどころか後ろから来たランナーに抜かれていく始末。

もちろんどちらも走り込み不足が原因で起こったことですが、登り坂での出来事には考えさせられました。これはどうにかしなければなりません。


(30km+坂道)練習

坂道が不得意になった今やるべきことははっきりしています。それはもちろん坂道練習
「走り込み不足」を補うべく走り込みも行う必要があります。

ということで、必要な練習は何かと考えると自然と答えがでました。

坂道練習+ロング走

ところで、私には「袋井クラウンメロンマラソン2017」が12月10日に控えています。
この袋井マラソンというのが、なかなかキツいレースでして、フルマラソンに坂道がふんだんに盛り込まれています。
登り坂に下り坂。なかなか足にキマス。
12月の初めという時季もまた微妙で、近年の温暖化の影響で気温が12月にしては高めであることが多く、私のような汗かきにはつらいものがあります。

このフルマラソンへの準備としても、坂道+ロング走が必要でした。
とは言うものの、ケガから復帰してから、まだ42.195kmはおろか30kmも走ったことがありません。
本当は、レース3週間前に40km走っておきたかったのですが、30kmにおさえておくことにしました。


練習日の朝、突然の寒さ

練習日となる土曜日の朝。寒さは突然やってきました。
温暖化で金曜日の朝ぐらいまでは、寒さはそれほどでもないような気がしていましたが、
突然寒さがやってきました。
この寒さが、練習をするにあたってランナーに困難をもたらします。

私はしばらく走っていなかったため、朝早く起きて走る習慣を失っていました
しかもこの時期、夏と比べて夜明けが遅く、まだ外が暗い中で支度するのは心理的にもつらいものです。
気持ちの切り替えが大事です。

この時は5時半に起きました。部屋が寒い上に暗い。
そのまま寝つづけよう・・・とふたたび目を閉じました。が、そうはいきません!
私には、前回レースの反省と次回のレースへの危機感があったのです。

練習をしないと、どう考えても袋井マラソンは辛いばかりのレースになることが想像できます。
思い起こせば、もう8年。
ずっと走り続けてきましたが、練習不足で何回レースで歩いたことか・・・

何とか思いとどまり、目をこじ開けて、明かりをつけて支度にかかりました。


意外といけた30km+坂道

6時半頃に家を出発して、7時半ごろから練習をスタートしました。
コースは久しぶりのアップダウンたっぷりの森林コース。

シューズは練習用のミズノの「イダテン」。
長い距離を走ると練習用シューズといえど傷みます。
イダテンはだいぶ昔に買ったもので、靴底がかなりやられています。これを練習のメインシューズとして使い、履きつぶしてしまおうという魂胆です。

さて、走り出してみますと、意外やイガイ。思ったよりも身体が動く。
そういえば、この間のジュビロマラソンは、ケガ復帰後のどんな練習よりも負荷が大きなものでした。
ハーフマラソンは、そこそこのスピードで走ったので身体にキレが出た?

ペースはだいたいキロ6~7分程度。決して速いペースではありませんでしたが、アップダウンの激しいコースで走ったことは、平坦なコースの2割増しくらいの効果はあると勝手に信じています。

今回は思ったよりも簡単に走れました。
終わったあとの筋肉痛もほとんどありません。
故障前に行っていた筋トレとヨガが効いた?
理由はハッキリしませんが、身体が意外と動いたので途中でやめることなく坂道コース30km走を終えることができました。


まとめ:練習のためのモチベーションを

ランニングで成果を出すには練習しかありません
そして練習にとりかかり、予定通りに終わらせるにはモチベーションが欠かせません

ランニングをする理由は人それぞれ。それぞれのランナーがそれぞれのモチベーションをもっているでしょう。

私の場合は、レースに参加することが一番の走りのモチベーションとなっています
おそらく多くのランナーにとっても、レースに向けて取り組むことがランニングを続ける理由になっていると思います。

ランニングが続かない人は、一度レースに参加することをお勧めします。
出場予定のレースがあれば、自然に練習をするようになります。
レースを終えれば、今度はいろんな気づきや反省があり、その後の練習にも意味を見出せます。

今回は、練習内容よりも、久しぶりの練習に向かうためのモチベーションについて考えさせられることになりました。


今シーズン(5月ごろまで)のレースは、エントリー可能な大会がまだまだあります。
走ることに興味があるけど走る気にならないという人は、一度レースに参加してみてはいかがでしょう?


↑このページのトップヘ