なぜ走る? 文化系レベルランニング

東京マラソン2010にたまたま当選してしまった「読書が趣味」の文化系人間。40代半ばを過ぎた今も、なぜ走り続けているのか? 走ることの意味を問い続ける平凡なランナーが、身体や心理のことからグッズ、レース、書籍のことまで幅広い視点から展開する、一味違うランニングブログです。

2017年02月

私は外を走ることが好きです。
ランニングマシーンにもよくお世話になっていますが、天気や気候、街並みの変化が感じられる屋外を走るほうがやはり楽しい。
春や秋は穏やかで心地よい一方、夏や冬は暑さ寒さが厳しく、自分のしていることに疑問に感じることもありますが・・・

走ることが習慣化され、距離が伸びてくると、河川敷や堤防を走ることが増えてきます。川の周りには信号が少なく、遊歩道が整備されていることも多いからです。どんな大都市にもだいたい大きな川があり、川に沿ってはしるコースはランニングの定番ではないかと思います。

普段の生活では、私が外に出て目にするものは、看板やショーウィンドウや道路標識などの記号、人間や自動車、足元の障害物、自然の木々や草花など、半径30m内にあるものです。

ランニングの時は、川の堤防を走ると、一気に視界が開けます。
そして「空」が見えます。

東京に住んでいたころは、スーパーやコンビニの他に、個性的な飲食店や商店があり、どこを走っても刺激が多く楽しかった反面、視界は人工物にさえぎられていました。

"智恵子は東京に空が無いといふ
ほんとの空が見たいといふ・・・"
 
むかし学校で習ったこんな詩を思い出したものです。
(「智恵子抄」高村光太郎)

東京時代は、よく荒川の河川敷を走りました。
「東京にも空があった」と感動したものです。

河川敷にくると、空を見上げるとこも多くなります。
大きな空を見上げることは、精神的にもいいらしいです。
私がランニングを勧めたい理由の一つがこれです。

電車や自動車に乗って会社に行き、屋内で1日を過ごし、帰りは夜になっている。こういう生活では、大きな青空を見ることは多くはないでしょう。

ランニングでなくてもよいですが、週に1度くらいは視界の開けた場所に出てみると気分が変わります。ふと、顔をすこし上げた瞬間に大きな空が広がっていることに気づきます。
日常生活とのギャップが、よい刺激になります。いかがでしょうか。


私はマラソンをするようになって、めったに風邪を引かなくなりました。
そうは言っても、走り過ぎて免疫力が落ちて風邪を引くことがあります。
そして、実際に約2週間前に風邪をひきました。
今年の冬、初めてです。

風邪は症状は、昨日ようやく完全に収まりました。
普通の風邪はだいたい1週間もすれば完治しますね。
でも、今回とても長引いてしまいました。その理由についてお話しします


ランナーっぽく感じてしまった人間の過信 

ランニングを始めてある程度走れるようになった人は、自分の身体に自信がついてきます。
風邪など引かなくなるので、風邪を引かないような人間であると思えてきます。
そして実際に風邪を引きにくくなってくると、昔やっていた風邪の対処法が記憶から消えていきます。
かつては無理をせず休養と栄養を十分にとって治していたはずですが、いつの間にか、自分とは無関係に思えてきます。

マラソンランナーは、月間走行距離が100kmを超えてくるとレースのタイムも上がってきて、自分の身体に自信にもつようになるでしょう。
自分は体をよく鍛えているランナー。
こんなナルシスティックなイメージから、風邪くらい簡単に治るのではないか、と安易に考えた行動に出やすくなるのではないでしょうか(少なくとも私はそうでした)。
健康に自信を持っていた私は今回、「気合で風邪をとばしてしまう」という方法で風邪を治してやろうと考えました。


走って風邪をふっ飛ばしたい

簡単にいうと、気合で走って汗でもかけば、風邪の菌など体から消えてしまうだろうと考えました。具体的には、トレッドミルで10kmほどハイペースで走ってみました。

結果はというと、風邪がぶり返しました。

治りかけの時に、体から風邪の菌を一掃しようと頑張ったら身体の方が疲弊してしまい、逆に風邪の菌に形勢逆転されてしまったというわけです。

今考えるととても愚かなのですが、その時は静養などという考えはほとんど頭にありませんでした。走ることに信頼を置きすぎて、視野が狭くなっていました
何かに囚われてしまうと、自分が見えなくなってしまう典型ですね。


レースがたくさんある時期は注意

もっとも、こういう無茶なことをしたのには、この時期特有の理由があります。2月、3月にはレースがたくさん控えているのです。(ランナーが風邪を引きやすい時期は他にもあります。→こちら
私の場合は本命レースが1週間後に迫っています。練習の計画も立てていますから、普通の風邪で練習を抑えるのは勇気がいります。そこから、練習ついでに風邪を退治して気合で乗り切ってしまおうと一石二鳥を狙いにいきました
そして奇跡は起こらなかった・・・

やはり風邪には、十分な栄養と、特にランナーは休養が大切です。
ケガの時もそうですが、無理をすると、かなりの確率で長引きます。
皆さんもお気を付けください。


ちなみに、私は風邪のときにはこの3つです。

村上春樹氏の著作「走ることについて語るときに僕の語ること」について一昨日に書いたばかりですが(こちら)、今日は同氏の新作の長編小説「騎士団長殺し」(第1部 顕れるイデア編 / 第2部 遷ろうメタファー編)の発売日でした。


新作発売のニュースに興奮

私はこの新作については、ニュースで知りました。
村上春樹さん4年ぶり長編小説が発売 午前0時から書店にファン (NHK NEWS WEB)

私は村上氏の小説の熱心なファンというわけではありもませんが、何度も同氏の本について書いているうちに「ランニングの師匠」とも呼べるような存在になっています。そのため、このニュースにはちょっと興奮し嬉しく思いました。

村上氏はすでに68歳です。68歳!(「村上春樹」Wikipedia
もうすぐ70歳です。
この年齢にして長編小説を書いたというのです。
スゴイですね。たぶんランニングの力です。
(詳しくはこちらを。カテゴリー:村上春樹氏に「走ること」を学ぶ )。


書店でパワーを確認

さっそく書店に行って実物を見てきました。
「実物」は、もちろん村上春樹ご本人ではなく、出版されたばかりの本です。

書店に入ると、入口付近に新作が平積みになっていました。なかなかの冊数です。
早速手に取りパラパラで見てみましたが、まず最初の感想はというと・・・重い
ずっしりと重いです。
ハードカバーで第一部と第二部の2巻。一冊約500ページ!
もし良さそうなら買ってしまうつもりで書店に行ったのですが、この重さであきらめました。
(私は最近は基本的に電子書籍購入派です。このサイズの紙の本は正直なところ扱いに困ります。ということで、電子書籍化を待ちます。)

この重厚さを見て、これだけで私は安心しました。
一昨日、老境に達した小説家について同氏が考える「文学やつれ」についてとり上げましたが、この厚さの本を書ける小説家に「文学やつれ」はないだろうと。しかも、なかなかきわどい性描写なんかもあって、活力十分な様子です。さすが私の師匠です(もちろんランニングについての師匠。しかも本を少し読んだだけですけどね)


期待のあのシーンの描写はあるのか? 

さて、村上氏のランニングについての考察から学ぶ私としては、小説の中にランニングのシーンは出てこないかが気になります。(このブログを読む皆さんも同じでしょう。たぶん)
純粋なファンからは非難を浴びそうですが、そんな興味をもって同書を少し拝見しました。
しかし・・・
自分の筋肉と会話しながら走る登場人物の描写は見当たりませんでした。(パラパラみただけですので、実はあるかもしれません。見つけた方はお教えください)。まあ、当然といえば、当然で別にがっかりというわけではないですけどね。
 
ランニングの描写の代わりに、目に留まったのが自動車の名前です。
スバル・フォレスター、ジャガー、プジョーなどです。みんな高そうですね(笑)。登場人物のクラスがわかるというものです。
が、私の興味は自動車ではなく、当然、ミズノとかアシックスとか、ナイキとかアディダスとか、そんな言葉が出てくるかどうか
しかし、というか、やはりというか、今回の小説にはスポーツメーカーやランニングシューズは(たぶん)出てこないみたいでした。当然ですね。はい。


村上作品への私の期待と妄想

「走ることについて語るときに僕の語ること」では、村上氏はランニングシューズについて語っていました。当時は、ミズノを履いていたようですが、今はどうなんでしょう?
私もミズノのシューズをもっていて、それについて語ったことがあります(こちら)ので、その点はちょっとだけ仲間意識のようなものも芽生えていたんですけどね(笑)。

いずれ、私のランニングの師である村上氏には、ミズノを履いた登場人物が(いや、ナイキでしょうかね)、ヨーロッパの森のウルトラマラソンを完走するというような物語を、愛憎を交えて書いてほしいなあ、と勝手に願うのでした。



「走ることについて語るときに僕の語ること」の第5章になります。

第5章のタイトルはこちら。

2005年10月3日 
マサチューセッツ州ケンブリッジ
「もしそのころの僕が、長いポニーテールをもっていたとしても」

また謎めいたタイトルですね。
これは村上氏がアメリカのチャールズ川沿いを早朝ジョギングしたときに、ハーヴァード大の女子大生たちにどんどん追い越されていったという話からとられたものです。金髪のポニーテールの彼女たちを見て、村上氏は昔の自分を思い出し、自分はあんなに自信満々な感じではかったと思うのでした。

まだ失敗の苦い味を知らぬ才気あふれるハーヴァード大の女子大生と、数々の失敗を重ねて経験を積んできた村上氏とのギャップ。この章はここから、年齢とともに落ちていく「体力」についての考察が始まります。


年齢による衰え

私もまた40代半ばになり体力の衰えを日々感じています。筋力や持久力だけなら、20代のころよりもあるかもしれませんが、そういう鍛え方次第でどうにかなる部分ではなく、疲労や回復力などの身体の基本的な部分での衰えを感じてしまうのです。

小説家である村上氏は、体力の衰えと作品についてこう語ります。

若い時に優れた美しい、力のある作品を書いていた作家が、ある年齢を迎えて、疲弊の色を急激に濃くしていくことがある。「文学やつれ」という言葉がぴったりするような、独特のくたびれ方をする。書くものは相変わらず美しいかもしれない。またそのやつれ方にはそれなりの味わいがあるかもしれない。しかしその創作エネルギーが減衰していることは誰の目にも明らかだ。それは彼/彼女の体力が、自分の扱っている毒素に打ち勝てがなくなってきた結果ではないだろうかと僕は推測する。これまで毒素を自然に凌駕していたフィジカルな活力が、ひとつのピークを過ぎて、その免疫効果を徐々に失っていったのだ。


小説を書くことは、"不健康な作業"で、"文章を用いて物語を立ち上げようとするときには、人間の存在の根本にある毒素のようなものが、否応なく抽出されて表に出てくる"と村上氏は言います。老いて体力がなくなると、芸術的創造にある毒素に耐えられなくなり、作品から活力が失われるというのです。

体力が必要なのは、芸術に限ったことではありません。普通の暮らしの中でも、体力は精神に影響を与えます。例えば、ある程度の年齢になって急に性格が丸くなってしまう人がいます。こういう人たちの中には、体力の衰えにより精神的緊張が持続できなくなったケースがかなりあるではないかと思います。


不健康なものと付き合うには

村上氏が目指すものは、体力の衰えが枯れた魅力となるような"やつれた"作品ではなく、活気のある力強い作品だといいます。

真に不健康なものを扱うためには、人はできるだけ健康でなくてはならない。それが僕のテーゼである。つまり不健全な魂もまた、健全な肉体を必要としているわけだ。

作家が不健康では、「不健康」を表現しきれない。力強い作品には健康であることが必要。
「不健康」を扱うために、自分の健康と体力を維持するというのが村上氏の考えで、これはわかる気がします。


力強い作品をつくり続けるため

しかし、体力の衰えは、どんな人間にも避けられません。
では、表現の毒素に負けた"やつれた"作品を作らないためには、どうするのでしょうか?

そのポイントをーーつまり僕の活力が毒素に敗退し凌駕されていくポイントをーー少しでも先に伸ばせればと思う。それが小説家としての僕の目指していることだ。とりあえず今のところ、僕にはやつれているような暇はない。だからこそ「あんなのは芸術家じゃない」と言われても僕は走り続ける。

そうです。やはり、走ることを力強い作品づくりの基本としているのです。
ここでは、走ることは体力維持のための方法として語られています。単純に体力の問題です。

今回は、「集中力」や「持続力」といった(小説家としての)仕事の技術ではなく、その仕事の基となる「活力」と「健康」を維持するためのランニングです。

走ることについて語るようになると、このブログでもそうですが、段々と専門的で難しい話になってきたりします。やれ腰が落ちるだとか、靴のクッションがどうだとか(笑)。
そういう難しい話の前に、走ることは健康によく体力維持に役立つ。こういう基本的なことを改めて考えさせられました。

健康のため、体力維持・強化のためにも走ることをお勧めします。


おまけ

私も文化系の人間として、昔はどちらかと言えば、走るなんてことはしたくない部類でしたが、それは不健康さにある種の魅力を感じていたからだと思います。毎日走るなんて健康過ぎてかっこ悪いというような・・・。村上春樹の小説なんてダメだ、やっぱり耽美派の谷崎だ、無頼派の太宰だ安吾だなんて文学青年気取りでいたことすらあります。
しかし、不健康を描くために不健康になって、心中したりヒロポン中毒になったりというのは(村上氏はこういう方法を否定していませんが)、今の時代なら単なるワイドショーネタとして炎上して消えてしまいます。やはり不健康なものに真正面から向かって行って、健康な体と精神で表現するという村上氏の方法に賛成です。




●「走ることについて語るときに僕の語ること」 村上春樹著
  【Amazon】 文庫版 / Kindle版
  【楽天】       文庫版 / Kobo版  

今年も浜松シティマラソンを走りました。

スタートは浜松市役所前。ゴールは市役所から北に位置する四つ池公園陸上競技場。
スタートとゴールが違うため、荷物を預けるとトラックで運んでゴールの会場で受け取ることになります。

風が強いことが多い大会ですが、今年のはなかなかイキがいい風でした。
気温も低めで、朝、会場でジャージを脱ぐのに勇気がいりました・・・


レースの模様(ハーフマラソンの部)

スタート20分前にスタート位置に並びました。強風でなかなかの寒さ。足踏みが止まりません。
10分前になると人も増えて風よけとなり、寒さは少しだけ和らぎました。
そして9:00号砲。鈴木康友浜松市長がスターターでした。

START~2km

スタートから1kmくらいは緩い下りが続きます。体調は風邪気味でしたが、下り坂に助けられて体が動きます。調子がいいのではないかと勘違いしました(笑)
最初の1kmは4:08でした。
続く2kmの区間からはほぼフラットになり、最初の勢いが終了。2kmラップは4:19 。下りが終わると疲れます。でも、風邪のわりに意外と体が動きました。

2km~5km
3km目からは、北に向かいます。フラットですが強い北風が向かい風になり、ペースが落ちてきます。
左足の靴ひもをきつく締めすぎてやや痛い。気になります。大ごとにならなければ、と考えながら走りました。
周囲のランナーを見ると、女性がひとりイーブンペースでキロ4:15くらいで走っていたので、ロックオンしました。男性は序盤のペースはまったくあてになりません。すぐに落ちてしまう人がけっこう多いのです。その点、女性のペースは序盤は安定している人が多いです。

5~7km
5kmにエイドがあり、水を飲みました。今日は風邪ぎみのせいかけっこう喉が渇いていて、一杯飲み干しました。
そして、しばらくすると上り坂がやってきます。きつ目の坂はここだけなので、ここを乗り切れば後はけっこう楽なのですが、やっぱり坂は息が切れます。
とにかく坂は我慢して走りました。

7~11km
坂が終わり少し進むと、8km地点から航空自衛隊浜松基地の外周を回るコースとなります。向かい風が厳しく、平坦でもペースは上がりません。キロ4:20程度です。この辺りは、最初にペースメーカーとして目を付けた女性とほぼ同じペース。途中で、やけに汗をかく50歳くらいの赤シャツ男性がペースを上げたり下げたりして、抜いたり抜かれたりでちょっと戸惑いました。心理作戦でしょうか。それよりも、強烈な向かい風で汗が飛んできたらちょっと嫌だなと感じていました。これも心理作戦?

11~13km
11km付近から基地外周を曲がり南に向かいます。風が追い風になり、下り坂もあり少し楽になります。12kmくらいで、女性も赤シャツ男性も遅れ、代わりにサッカーをやっていた感じの40歳ぐらいの男性が後方から登場し、しばらく抜きつ抜かれつの展開。12kmのラップは4:12。追い風は楽です。

13km~16km
13kmを過ぎてしばらく行くと折り返し地点。折り返すと再び強い向かい風が襲ってきます。追い風の時の、あの穏やかで暖かな感じが消えて、再び北風が容赦なく吹きつけます。15kmのラップは4:21。やはり向かい風はキツイ。

16km~20km
自衛隊基地外周を東に戻ります。行きの向かい風が追い風に変わり、力が入ります。
残り4kmからペースを上げてキロ4:10以上になりました。
幸いどこも痛いところはありません。風邪の影響は鼻が少し詰まるぐらいでほとんどなし。
近くには相変わらず、サッカー男性が走っていましたが、ここに足音が大きい40代後半くらいの男性が追い上げてきて参戦。この二人としばらく同じペースで走りました。残り3kmで大足音男性がペースを上げたので付いていくと、サッカー男性が脱落。
と、ここでさらに、後方から60代とおぼしき男性が、後方から追い上げてきて、ジリジリとペースを上げて追い抜いていきました。身体が斜めになっていましたが、この後半での追い上げがスゴイ!私も離されまいと、60代男性についていくよう頑張りました。ここで大足音男性が脱落。19、20kmのラップは4:08、4:07。

21km~FINISH
残り1km必死に走りますが、60代男性は少しずつ遠のいていきます。最後の下り坂はけっこうな勢いでおりましたが、60代男性はもっと速い!仙人か?60代仙人を幻のように追いかけている間にけっこうな数のランナーを抜きました。下り坂の途中で競技場入口に入ると残りは200mくらい。もう仙人は忘れて必死で走りました。トラックの最後の直線で見えたのは、タイムを刻む時計。
1:3X:XX(走りの揺れと逆光で見えづらい)
私、目が悪い上に、ダッシュでメガネが揺れているのでハッキリは見えませんでしたが、1時間半を過ぎていたことがわかりました。残念。しかし、ダッシュしていたので、最後までそのままの勢いで走り込みました。

ゴール後は、アクエリアスと小さなチョコレートをいただき、記録証をうけとりました。
着替えてから、参加賞のリンゴをひとついただきました。どういうわけか、青森のJAさんからのプレゼントのようです。毎年いただいています。ありがとうごさいます。


まとめ

浜松シティマラソンは地元開催。マラソンを始めてからで毎年参加しています。
今年もボランティアの皆さん寒い中ありがとうごさいました。
エイドのドリンクが手渡しで、一度手袋がすべってカップを落としてしまいました。ごめんなさい。

今回もまた1時間30分切りは叶いませんでした。
自分の時計は1kmごとのラップとペースのみが表示されるモードにしてあったため、レース中はスタートからの経過タイムはわかっていませんでした。
風邪気味だったこともあり、まあこんなものかとも思いますが、その割に体が動いたのは休養が十分とれたからかもしれません。
とりあえず、今の自己ベストは森町ロードレースの1時間30分ということで(秒単位は切り捨て)。

次は静岡マラソン。フルマラソン頑張って自己ベスト狙います!
風邪ひかないように気をつけます。
皆さまもお気をつけて。
 

↑このページのトップヘ