昨日、2017年2月5日、静岡県森町で開催された「森町ロードレース」のハーフマラソン部門に参加しました。

森町は、静岡県西部にある市町村の一つで、山を流れる太田川を囲む森の自然が豊かな町です。人口は約19,000人ほど。
森の石松の出身地として有名です。
(ガッツ石松は森町とは関係がありません)


会場到着

ハーフマラソン部門は9:30スタート予定のため、私は友人と共に7:30に到着しました。
到着時は曇り空で、天気予報は午前中から「雨」
雨が降ると呼吸が楽ですが、あまりひどく降られると滑ったり、衣類や靴の中まで濡れて走るのに障害が出てくるので、少し心配でした。
 
 
着替え&ウォーミングアップ

参加賞のバスタオルをいただいて、着替えました。
この日のシューズは履き慣れたアシックスのターサージールです。

8:55に簡単なアップを開始し、トイレにも。
やや山間の地域のため参加者もそれ程多くないため、スタート位置には10分前に並びました。


スタート

ちょうどスタート位置に着いたころに小雨が少しパラパラときました。
この時は、それほどひどくはなかったため、「ゴールまで天気がもってくれるといいな」と思いつつスタートを待ちました。
「スタート1分前」のアナウンスが入り、さあいよいよ・・・
パーン!
町長さんが「よーい」ともなんとも言わずに時間が来たらいきなりピストルを鳴らしました。
不意を突かれ、ランナー達は「おお~」とどよめきを残してスタート。ちょっと微笑ましい光景でした。
私はたぶん10列目ぐらい。
センサーのマットを踏むつもりでGPSの時計をスタートラインまで押さずに待っていましたが、ありませんでした。つまり、ネットタイム無しの大会なんですね。


START~3km

スタートからしばらくは身体が動きにくかったものの、参加者が少ないためか渋滞はすぐに解消
最初の1kmのラップタイムは4分20秒でした。予定通りのペース。こういうことは稀です。
もしこのまま行けたら自己ベストも出そう・・・。
すぐ前を走る小柄な女性がほぼ4分20秒だったので、ペースメーカーとさせていただきました。


3km~10km

この区間は太田川沿いを上流に向かう上りのコースです。
しっかりと走ってペースを維持したいところ。
5km地点ぐらいからまわりのランナーもばらけてきて縦一列になりました。私レベルでは、これもまた珍しいことでした。

ところで、人が少ないとストレスが少ないと思っていましたが、実際は違いました。
後ろにぴったりと同じペースでつかれるとそのことがわかるので気になります。しかも後ろのランナーはよく唾を吐くオジサンで(私もオジサンですけど)、離れてほしかったのですがペースが落ちませんでした。なかなか手強い。
 
5km付近から登り坂の影響で自分のペースが落ちました。
ペースメーカー役の女性は段々小さくなり見えなくなりました。
さようなら。もう会うことはないでしょう。顔もわからないあなた・・・

そして後ろの唾オジサンが私を抜いていきました。
この人だったのか、とようやく姿形がわかりました。


10km~17km

折り返しの中間地点(11.5km)にくると下り坂になります。
「行って来い」のコースですからあとはひたすら下りです。ずいぶん楽になりました。

落ちていたペースが上がり4分15秒。
やっぱり下りは楽だわ~
ということで呼吸を整えて唾のオジサンの後方に位置取り。
このあたりから、雨は本格的に降ってきました。
様子を見て3kmほど行くと唾オジサンがペースダウンしたので、唾に注意しながら抜きました。

そして今度は、前を行く長身のお兄さんを見ながら下りのハイペースを維持。
傾斜がきついところでは4分10秒を切るペースに。さすが下り坂!

ところで、上り坂も下り坂も得意な人とそうでない人がいますね。
私は昔は膝にきたので苦手でしたが、最近けっこういけます!

そうこうしているうちに、赤シャツの元気な若手が後方から私を抜き去っていきました。
後半追い上げの戦略だったのでしょうか。なかなかスゴイ。


17km~20km

残り4kmとなり、傾斜も緩くなってやや平坦になってきました。
もう足が痛くなったりすることも脱水もなさそうなので、少しペースをあげました。
1年前ならここから上げることはできませんでしたが、スピード練習をするようになってからは粘りが出て、すこし感動しました。 
 
長身の兄さんはペースダウンし、赤シャツの若手も18kmでかわしました。すると今度は満を持してか、真面目な感じの40歳代半ばくらいの男性が後ろから一気に来ました。
おお、すげえ!
と、感動しましたが、自分も一応ランナーなのでついて行こうと頑張りました。
前方に黄色のシャツの美女がいてペースを上げたのがわかりましたが、真面目さんがそれに迫る勢いだったので、私も美女めがけて突進しました(美女は後姿しか見ていません)。


20km~GOAL

そして、ラスト1km。雨ですべりやすいのでマンホールなどに注意しつつ最後のペースアップ。
真面目さんは最後に伸びず、黄色の美女を残り500mでかわし必死こいて走ると最後の直線でゴールが見えました。
と、ここであることに気付きました。

あの計測タグを感知するカーペットがなく、係員のひとがアンテナのようなもので、ゼッケン内の計測タグを手作業で触れているのです。
係員は二人。前を走るランナーは二人。なぜか二人とも左側に走っていったので私は空いていた右側の係員の方に向かって突進しました。
そしてゴール!
係員の方がゼッケンをアンテナでスリスリ。これで終了しました。
自分の時計を見ると、1時間29分52秒。
自己ベスト更新。そして念願のハーフマラソン1時間半切り達成!


レース後

レースを終えると、暖かいお茶と甘酒のサービスがありました。走り終えると冷たい雨で体も冷え冷えですから、とても温まります。

そして、いよいよ記録証をもらいに行き、受け取ってみると・・・
ガーン
1時間半は切ってません
でした。

ネットタイムがあればというところですが、無いものはない。仕方ないですね。 
もっと圧倒的に確実な1時間半切りを目指そうと心に誓いました。


まとめ


こじんまりとしたいい大会です。
市長さんのスタートの号砲も、雨の中応援してくれた地元の方々、手作業のタイム計測といい、なかなか味わい深いものがありました。
トイレもスムーズに進んで待たされず、よかったです。
コースの町並みもちょっと懐かしい感じがします。

ご興味ある方は来年ぜひ!



ちなみに、これ飲んでみました↓
 
【コエンザイムQ10】