2015年も11月となり、本格的なマラソンシーズンが始まりました。
そして、自分もいつの間にか年を重ね、40代の半ばになっていました。
文系人間だった自分が、いつの間にか6年もマラソンをしている。
なぜだろうか…

マラソンを続けている人たちの多くは、私と同じようにわけもわからず
続けている人が多いのではないでしょうか?

私のマラソンとの出会いは、「東京マラソン2010」でした。
2009年の夏、友達に勧められて興味本位で応募して、
当選通知が届くと「すごい」「おめでとう」と友人知人から祝福の言葉が・・・
なぜ褒められるのかわからないものの、
何だか嬉しくなって「参加費が高いな」と思いつつも支払いを済ませると、

フルマラソン42.195㎞に挑戦決定!

この瞬間、私のマラソン歴がスタートしました。

しかし、人々の祝福もエントリーの興奮も収まると、

42㎞走る?
誰が?
自分が???

と疑問が度々わきおこるようになりました。


それもそのはず、走らない人にはマラソンは間違いなく「苦行」です(笑)。

「マラソン」なんて聞くと中学・高校での持久走を思い出したりして、
苦しい気持ちになったりしませんか?
私もそうでしたので、走らないひとの気持ちはよ~くわかります。
「苦行」って普通の人はあまりやらないですからね。

それでも、インドア人間の自分がそれでも出場を決めたのは、
なんといっても好奇心。
苦行だろうが何だろうが、殺されるわけではないし、
自分にどんな変化が起こるのか試してみたかったのです。
苦行なら悟り開けるかもしれないし!(嘘ですが)

恐らく、マラソン大会に初めて参加する人の80%は、
「未知への挑戦」や「好奇心」が動機となっているのではないでしょうか?
残りの20%は、「苦行好き」・・・かな?